2020年6月3日水曜日
Breaking News

公務員向けの資格!

介護職として働く時は資格が重要になりやすく、社会福祉主事と呼ばれるものを取る方法もあります。
特別な仕事をする時に利用しやすいもので、試験に合格すれば介護職として評価されやすくなります。

資格を取得すると直接介護を行う機会が減り、利用者からの相談への対応が仕事の中心になります。
利用者が望んでいる支援を会話から把握する必要があり、相手の立場に立って相談に乗ることが大切です。
例えば家庭訪問をして高齢者の問題を話し合うなど、多くの作業をして介護の問題を解決します。

特別な社会福祉主事の資格ですが、実は民間企業ではあまり使い道がありません。
公務員向けの資格なので公務員として働かないと利用できません。
そのため民間企業だとそれほど評価されない場合もあり、注意がいります。
ただ資格があれば介護に関する知識があると認められるため、就職などをする時に有利になる場合はあります。
自分は社会福祉主事の資格を取るべきなのか、よく考えて判断しましょう。

前述したとおり、社会福祉主事の仕事は利用者からの相談に乗ることが中心のため、相手の事情に合わせた介護の方法を考える必要があります。
そのため介護福祉主事として働くのであれば介護サービスについて熟知しておかなければなりません。
具体的にどのようにすれば高齢者の介護ができるか、社会福祉主事が計画を決めて判断をします。
重要な仕事をする立場なので、よく考えて行動する必要があります。