2020年9月22日火曜日
Breaking News

取得するメリットは何?

社会福祉主事とは、自治体が運営する福祉事務所で相談や生活指導などに携わる公務員のことです。
社会福祉主事して働くために必要となるのが社会福祉主事任用資格になります。
ケースワーカーとも呼ばれる仕事であり、福祉六法によって定められた方に対して相談に乗りながら、医療機関などとも連携を取りつつ必要な援助を行います。
高齢者に対しては、介護施設の利用のサポートや家庭訪問などによって生活の支援をしていくことが主な役割です。

社会福祉主事は任用資格であり、公務員として特定の仕事に就いている時のみに社会福祉主事を名乗ることが可能です。
民間の施設で働いていても社会福祉主事を名乗ることはできず、主な活躍の場は福祉事務所になります。
しかし、社会福祉主事任用資格は福祉に関する知識を持っていることを示す証でもあるので、民間の社会福祉施設への就職に有利になるメリットもあります。
事実、介護業界では資格保有者を優遇する求人が少なくありません。
例えば老人ホームやデイサービスといった介護施設では相談員として資格取得社を募集されていることがあります。
資格手当を得られるケースもあり、キャリアアップにも役立つ資格です。

また社会福祉主事任用資格は取得するための試験がなく、大学や指定の養成機関などで履修することで取得できます。
通信制の大学もあるため、働きながら資格を取得しやすいのも社会福祉主事任用資格のメリットです。